塾頭日記@育星舎 伸学α北野 イメージ画像
「社会」で一流になるには、「受験」での数倍の努力が必要となる。だから「学歴」だけで終わり、「社会」では使えない者も出てくるだろう。それが世に言う「学歴批判」だ。しかし「受験」程度の努力が出来ず、鍛錬を否定し続けた者が、「社会」で一流になることだけは絶対にありえない。これだけは「真実」だと思う。-『偏差値70からの大学受験』より-

更新情報

こんにちは。育星舎グループ 伸学α北野 塾長の香口です。前回の令和最初のブログで次回は「自習室のルール改正」と予告しましたが、土日の子供たちの状況と併せて記事にしようかなと思い、本日は別の話題を。以下、宜しければお付き合い下さい。卒塾生が大谷高校のポスター
『卒塾生がポスターに!!』の画像

こんばんは。伸学α北野の香口です久しぶりの更新かつ令和最初のブログです。ブログやツイッターを通じて当塾を知り、ご入会いただいたご家庭とは相思相愛になるケースがほとんどだと実感していながら、ブログを放置とはいかがなものか、熱量が下がっているのではないか、こ
『GWの開室(令和最初のブログ)』の画像

 今年もついに「この日」を迎えました。公立の前期入試の本格導入以来、公立の中期選抜に挑むのは、中3生の半数にも満たない11名のみという時代になっても、古くからの塾人である私にとって3月初旬の「この日」は、やはり特別な思いに浸ってしまう。まだ学生講師だった頃、
『2019年 公立高校中期入試前夜』の画像

本日は国公立大 前期日程試験の前日。15名在籍していた高3生も1人、また1人と合格を勝ち取って抜けていき、明日の国公立前期を受験する者は4名だけ。合格した仲間に「おめでとう」と声をかけたあと、ぽつりと「いいなぁ」とつぶやく場面に幾度となく遭遇した。私の時代
『2019年 国公立前期日程試験前夜』の画像

今年もとうとうやってきました私立入試の前夜。生徒が帰ったあとの無人の教室で、ひとり1年を振り返るのは毎年の事です。昨日は「明日は学校4時間だから、早い時間から開けて欲しい」とお願いしてきた生徒。「何時に開いてますか?」と聞いてきた生徒。そんな心配しなくて
『2019年 私立入試前夜』の画像

あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願いいたします。さて、2019年も例年と同じく3日の北野天満宮への合格祈願から始まりました。22名の生徒達を引き連れ、人だかりの中を突き進みます。途中で写真を撮るも、自分の手を写り込ませてインスタ映えを阻止しようと
『2019年 あけましておめでとうございます』の画像

本日31日で、2018年の塾の仕事納めとなります。本当は、31日から2日までお正月休みだったのですが、高3生から「大晦日も開けて欲しい」との声が上がり、日頃から頑張っている生徒のそういう類いの声にめっぽう弱い私は「よし、それならセンターパックをしようか」と大晦日
『2018年 年末のご挨拶』の画像

↑このページのトップヘ