塾頭日記@育星舎 伸学α北野 イメージ画像
「社会」で一流になるには、「受験」での数倍の努力が必要となる。だから「学歴」だけで終わり、「社会」では使えない者も出てくるだろう。それが世に言う「学歴批判」だ。しかし「受験」程度の努力が出来ず、鍛錬を否定し続けた者が、「社会」で一流になることだけは絶対にありえない。これだけは「真実」だと思う。-『偏差値70からの大学受験』より-

更新情報

私の席から見えていた育星桜も完全に散ってしまい、小さな小さな羽虫が大量発生する季節。 夜に明かりを煌煌とつけているのは塾くらいなもの。やつらは、網戸の隙間から遠慮なく侵入し生徒と私の集中力を奪います。 そんな虫対策に悩みつつ、今週は京都成章と京都工学院の説
『新しいコースに新しい学校』の画像

新中1生の皆様、ご入学おめでとうございます。あいにくのお天気でしたが、緊張の面持ちで登校していく塾生を偶然みかけました。その場では言えませんでしたが、制服よく似合ってましたよ。さて、その入学式に合わせて、人生初となる門配に行ってきました。 何を隠そう、長
『校門配布』の画像

前日に続いて、またまたトップ画は桜のアップで。寒いのだけは、本当に苦手な私。だんだんと暖かくなってきたことで心ウキウキしています。春は、中3を除けば生徒のやる気が最も高いシーズン。どのクラスも、気持ちが刷新されているのが感じられ、叱る場面がほとんどありま
『春休みが永遠に続けば・・・』の画像

当塾名物の桜がはやくも八分咲きである。満開になる日も近い。事務所からこの桜が真正面に見える。この光景は、なかなか感慨深い。さて、今週で、新中2、中3を対象に行っている春期講習も終了となる。今年の春期講習は、両学年とも昨年とは方針を変えて授業を行った。まず
『4月を迎えて』の画像

3月は最も卒塾生と顔を会わせる機会が多い季節であると前回書いた通りだが、先週も多かった。春休み期間なので、時間的に余裕もあるのだろう。ふらりと、こちらまで足を運んでくれる子もいる。卒塾生といっても以前の塾の子であり、ここまでは遠いのだが、本日も今春無事に国
『卒塾生たちの来訪』の画像

本日より、中学部は新年度を迎えた。中2は中3、中1は中2として扱う。出席簿もすべて更新し、様々な経理書類、成績表等をすべて上の学年に移すなど、事務作業に追われる1日となった。先週まで、「中2」と呼んでいた連中を、今日から「中3」と呼ぶことになるわけだが、
『新年度開講!』の画像

卒塾生より大学合格の報告が届く。以前の塾で教えていた生徒達である。それぞれ嵯峨野、成章に進学した生徒からであった。二人とも見事に国公立に合格!涙声での報告に、こちらも目頭が熱くなる。この子達が高1の時に移籍したので、高校で困った事があったり、質問に対応し
『卒塾生より大学合格の知らせ』の画像

↑このページのトップヘ