塾頭日記@育星舎 伸学α北野 イメージ画像
「社会」で一流になるには、「受験」での数倍の努力が必要となる。だから「学歴」だけで終わり、「社会」では使えない者も出てくるだろう。それが世に言う「学歴批判」だ。しかし「受験」程度の努力が出来ず、鍛錬を否定し続けた者が、「社会」で一流になることだけは絶対にありえない。これだけは「真実」だと思う。-『偏差値70からの大学受験』より-

更新情報

ブログを再開してから、他の塾人の方のブログやツイッターを再び見るようになった。 その中で、ある方が絶賛されていた学生講師の方のツイッターを目にしたとき、その泥臭く青臭いけれども、生徒を伸ばしたいと願う熱き思いに触発され、塾講師を始めたばかり
『若き講師達に思いをはせて』の画像

中3の夏期講習を朝からやっている塾は意外なことに少ない。大抵は、夕方から夜にかけて行っている。つまり、通常に夕方の授業をプラスするというスタイルがほとんどだ。多くの塾が採用するこのスタイルには理由がある。恐らくだが塾側の都合によるものが大きいと思われる。
『夏期講習の1コマ(その5)朝の効果』の画像

今週はほとんど雨という情報に踊らされて、絶好の洗濯の機会を逸してしまった。 朝9時から22時過ぎまで塾にいるため、出勤前に済ませても、帰宅するまでに雨が降れば意味がないので、その判断が難しい。今日は完全に判断ミスであった。 さて、夏期講習も
『夏期講習の1コマ(その4)喝!』の画像

またまた先日のブログに対してのコメントをSNSに頂きました。自分の進むべき方向性を再認識し、また大いなるエネルギーを注入いただきましたので、勝手ながら以下に掲載させていただきます。集団授業が減っている中、先生のところの塾は本当に集団塾の良さを存分に活かされて
『夏期講習の1コマ(その3)期待』の画像

先日のブログに対して、個人アカウントの方のフェイスブックに2つコメントをいただいた。 2つとも塾人からなのだが、お一人は塾が熱かった時代を生き抜いた大先輩。的確に私の言いたいことをつかみ、それに対するコメントをいただいた。 もうお人かたは、新進気鋭の若手の
『夏期講習の1コマ(その2)中1の夏』の画像

今年の夏期講習は思ったよりも体力的にきつい。夏期講習と言えば、以前は朝から晩まで、それこそパソコンに触れることすら出来ない状態で、8コマ連続の授業などをこなしていたものだ。帰宅は深夜、出勤は朝7時。家には仮眠に帰るだけという日々である。それが毎日続く。さ
『夏期講習の1コマ(その1)少人数は良いこと?』の画像

夏期講習2日目である。掲示物や出席簿や座席表などの細々とした雑務や講習会の打ち合わせ等に追われ、授業の準備が過去最悪なくらい間に合ってなかった。これではイカンと、昨夜はほぼ徹夜状態で、何とか6冊は完成させた。あと理科関係と小学生関係のテキスト作成がまだだ
『世界に一つだけの?』の画像

↑このページのトップヘ