塾頭日記@育星舎 伸学α北野 イメージ画像
「社会」で一流になるには、「受験」での数倍の努力が必要となる。だから「学歴」だけで終わり、「社会」では使えない者も出てくるだろう。それが世に言う「学歴批判」だ。しかし「受験」程度の努力が出来ず、鍛錬を否定し続けた者が、「社会」で一流になることだけは絶対にありえない。これだけは「真実」だと思う。-『偏差値70からの大学受験』より-

更新情報

いよいよ明日から夏期講習が始まる。以前は、部活の大会等が完全に終わるまで待つという方針から、もっとスタートが遅かったのだが(全員揃って始めたいので)、いつのころからか定着してしまった8月の最終週は新学期という流れには逆らえず、まだ勝ち続けている部活がある
『夏期講習の前日』の画像

本日は、嵯峨野高校の塾対象説明会に参加してきた。もうずいぶん以前から参加させていただいているが、来る度いつも掃除が行き届いていることに驚かされる。校舎もそんなに新しいわけではない。中も所々暗いところがあって、決して光が満ちあふれるおしゃれな空間というわけ
『嵯峨野高校@塾説(H26)』の画像

本日は、洛北高校の説明会に参加してきた。京都出身のある一定の年齢層以上の方は、葵小学校→下鴨中学→洛北高校→京都大学という図式をお持ちのことと思う。残念ながら、その図式は成り立たなくなって久しい。ただ、10年前に中高一貫コースを設立してみれば、初年度から
『洛北高校@塾説(H26)』の画像

ここ数日間、体調面がすぐれず、仕事がはかどらない日々で悶々としていたが、ようやく復調と言える状態になった。生徒から「珍しい」と言われるほど、所謂、風邪などにより授業に支障をきたしたことは、長い塾生活の中でもほとんどない。さて、そんな中、今週の木曜日、紫野
『紫野高校@塾説(H26)』の画像

本日の午前中、京都駅で卒塾生のN林君に会ってきた。京都駅のバスターミナルには、ミストシャワーが設置されていた。夏の到来を感じながら、約束の場所へと急いだ。N林君との出会いは彼がまだ中2の頃。彼をはじめて見た私の第一印象は、「ごっつい男前やな!」である。特に
『誇るべき卒塾生 N林君)』の画像

昨日は1ヶ月半ぶりにしっかりと休めるありがたい日曜日だったのだが、あいにく(?)公立フェアが開催されているので、顔を出してきた。この公立フェアのおかげで、全公立のパンフレットがたやすく手に入るようになった。(まだ未完で説明会のチラシ1枚程度の学校もあった
『公立フェアで耳にした熱い言葉』の画像

転職したのを機に、1年以上ブログを休止しておりましたが、この度ようやくブログを再開する運びとなりました。 やはり、日々のお子様の様子、最新の入試情報、教育理念などを保護者の方に伝えていくにはブログが一番ということで、新しい環境の中、今までと同じスタンスで、
『ブログ再開しました!』の画像

↑このページのトップヘ