塾頭日記@育星舎 伸学α北野 イメージ画像
「社会」で一流になるには、「受験」での数倍の努力が必要となる。だから「学歴」だけで終わり、「社会」では使えない者も出てくるだろう。それが世に言う「学歴批判」だ。しかし「受験」程度の努力が出来ず、鍛錬を否定し続けた者が、「社会」で一流になることだけは絶対にありえない。これだけは「真実」だと思う。-『偏差値70からの大学受験』より-

更新情報

先日のブログに対して、個人アカウントの方のフェイスブックに2つコメントをいただいた。 2つとも塾人からなのだが、お一人は塾が熱かった時代を生き抜いた大先輩。的確に私の言いたいことをつかみ、それに対するコメントをいただいた。 もうお人かたは、新進気鋭の若手の
『夏期講習の1コマ(その2)中1の夏』の画像

今年の夏期講習は思ったよりも体力的にきつい。夏期講習と言えば、以前は朝から晩まで、それこそパソコンに触れることすら出来ない状態で、8コマ連続の授業などをこなしていたものだ。帰宅は深夜、出勤は朝7時。家には仮眠に帰るだけという日々である。それが毎日続く。さ
『夏期講習の1コマ(その1)少人数は良いこと?』の画像

夏期講習2日目である。掲示物や出席簿や座席表などの細々とした雑務や講習会の打ち合わせ等に追われ、授業の準備が過去最悪なくらい間に合ってなかった。これではイカンと、昨夜はほぼ徹夜状態で、何とか6冊は完成させた。あと理科関係と小学生関係のテキスト作成がまだだ
『世界に一つだけの?』の画像

いよいよ明日から夏期講習が始まる。以前は、部活の大会等が完全に終わるまで待つという方針から、もっとスタートが遅かったのだが(全員揃って始めたいので)、いつのころからか定着してしまった8月の最終週は新学期という流れには逆らえず、まだ勝ち続けている部活がある
『夏期講習の前日』の画像

本日は、嵯峨野高校の塾対象説明会に参加してきた。もうずいぶん以前から参加させていただいているが、来る度いつも掃除が行き届いていることに驚かされる。校舎もそんなに新しいわけではない。中も所々暗いところがあって、決して光が満ちあふれるおしゃれな空間というわけ
『嵯峨野高校@塾説(H26)』の画像

本日は、洛北高校の説明会に参加してきた。京都出身のある一定の年齢層以上の方は、葵小学校→下鴨中学→洛北高校→京都大学という図式をお持ちのことと思う。残念ながら、その図式は成り立たなくなって久しい。ただ、10年前に中高一貫コースを設立してみれば、初年度から
『洛北高校@塾説(H26)』の画像

ここ数日間、体調面がすぐれず、仕事がはかどらない日々で悶々としていたが、ようやく復調と言える状態になった。生徒から「珍しい」と言われるほど、所謂、風邪などにより授業に支障をきたしたことは、長い塾生活の中でもほとんどない。さて、そんな中、今週の木曜日、紫野
『紫野高校@塾説(H26)』の画像

↑このページのトップヘ