塾頭日記@育星舎 伸学α北野 イメージ画像
「社会」で一流になるには、「受験」での数倍の努力が必要となる。だから「学歴」だけで終わり、「社会」では使えない者も出てくるだろう。それが世に言う「学歴批判」だ。しかし「受験」程度の努力が出来ず、鍛錬を否定し続けた者が、「社会」で一流になることだけは絶対にありえない。これだけは「真実」だと思う。-『偏差値70からの大学受験』より-

更新情報

夏休み後に実施した模試の結果が届いた。結果は、偏差値11アップの猛者をはじめ、ダウンは1人もなしというまずまずの状況にほっとする。個人的には、数学の偏差値が9上がった2名に注目したい。夏期講習は全出席で、自習にも欠かさず顔を出したこの2名。この結果は当然と言い
『V模試返却と結婚式』の画像

「車で例えるなら、V8 3500CC  ツインターボ 500馬力で爆走してます」入試部長N山先生のお言葉である。京都学園を表すピッタリの言葉だと思う。とにかく、学園の先生方は「馬力」が凄いのである。校長をはじめ、皆、強面で声が大きく低い。どちらかと言えば「オラオラ」系
『京都学園@塾説(H26)』の画像

龍谷大附属平安。今春の中学受験では、大幅に志願者を増やしている。中学受験層からの支持を得られているということは、それだけ学校が評価されているという証である。京産大と龍大平安はどちらも上に大学をもっているという点は同じでなのだが、産大「附」属と龍谷大「付」
『龍大付平安@塾説(H26)』の画像

東山中学・高等学校。 京都市内では2校しかない男子校の1校であり、もう1つの男子校である洛星が高校からの募集はしないので、高校から進学できる唯一の男子校となる。 実は私は、母校が男子だけのクラスを1つ、女子だけクラスを1つ、残りの7クラスを男
『東山@塾説(H26)』の画像

京都成章の説明会は、毎回盛大な拍手に包まれて終わる。大阪の学校の説明会では、拍手は標準装備らしいのだが、そこはシャイな京都人。京都では、拍手なんてほとんど起こらない。起こったとしても「盛大」というにはほど遠っかたりする。しかし、唯一例外的に、ここ成章の説明
『京都成章@塾説(H26)』の画像

京都産業大学附属中学・高等学校。高校は今年で開校8年目を迎える新しい学校である。(大学は50周年を迎えるそうだ)屈指の人気校だが、その立ち位置から今回の公立の制度改革の影響をかなり受けるだろうなと予測していただけに、今後の展望を聞きたくて説明会に参加させて
『京都産大付属@塾説(H26)』の画像

先日、ノートルダム女学院の説明会に参加してきた。むかしむかし、初めて説明会で学校を訪問させていただいた時は、シスターが大勢いるというイメージを持っていたのだが、実際は他の私学と何ら変わりはなく、驚いたような、ほっとしたような、そんな印象が記憶に残っている
『ノートルダム@塾説(H26)』の画像

↑このページのトップヘ