IMG_2293













節分と言えば恵方巻・・・という風習は私にはなく、成人してしばらくしてからもこのような風習は全く知りませんでした。

節分といえば、「鬼は外!」と言いながら豆をばらまくというのが、私にとっての節分だったのですが、この恵方巻を食す、というのはいつから始まったのでしょうか。最近では、ロールケーキでも春巻きでもありだとか。商魂たくましすぎですね。

しかし、時流には逆らえません。塾で豆まきをするより、恵方巻を食べさせるほうが、浸透しやすい。

よって、いつの頃からか、節分の日には恵方巻を買ってきて、恵方を向かせ志望校を心の中で唱えさせながら食させるという儀式を欠かさぬようになっています。
IMG_2298













完全に業者の策謀にはまってしまっていますが、こういう行事ごとを外してしまうと、何か生徒に不幸が訪れるような気がしてしまい外せないのです。

さてさて、肝心の中3ですが、恵方巻があまりに美味しくて夢中で食べてしまい、志望校を唱えてしまうのを忘れてしまっていたという猛者(女子)がいました。ほんと、どうなることやら・・・

話は変わり、本日の夕方の小学生の授業ですが、本日は小4の曜日。
通常は個別で見ている小4ですが、5年生からはクラス指導になります。それに慣れさせるための試運転とばかりに、二人あわせて授業をしてみました。

IMG_2294













初顔合わせに緊張気味のお二人さん。普段と全く様子が違っていました。小4であっても、お互いを意識しながら問題を競い合うように解く姿に、1対1の時にはなかった緊張感が漂います。二人とも負けず嫌いなんですね。こういう子は楽しみです。

実は、この2名、今回の模擬試験の1位と2位なのです。学力が揃った状況で競い合うことの相乗効果は1対1の比ではない。改めて、人は一人では頑張れない生き物との認識を強めると同時に、こういう環境を作っていく必要性を強く感じました。

ところで、単なる偶然ではありますが、小4から中3まで、模試の1位の生徒は全て私が担当している教室にいます。教場は全部で6つです。むろん各教場とも全学年揃っているとは限らないですし、形態も微妙に異なりますので単純比較はできません。それでも、全学年ともトップがうちにいるという状況は、ここが本部教室という立場上、嬉しい限りです。

さてさて、この二人、授業の最後の方にはすっかり仲良くなってしまってたのが気がかりですが、でも新5年生の手応えを感じた1日でした。

この調子で明日も次年度に向けてちゃくちゃくと種まきをしていこう!!