前回のアップからかなり日が経ってしまいました。

1ヶ月にわたるテスト対策期間中こそ様々な発見があり、ネタには困らなかったのですが、それに反して時間がない事もあり、なかなか筆も進みませんでした。

当ブログで紹介した誇るべき卒塾生N君が新たな伝説を作ったので、その続編も書きたいですし、学校説明会も開催されており、授業見学の様子などもリポートしないといけないと思っています。

よって、執筆活動再開します(休んでいたわけではありませんが)。しばらくは更新頻度を上げていきます。

なお、ブログの更新頻度は低くなっていますが、Twitterではふと思いついたことや自習の様子など、画像付きで更新しています。育星舎HP 伸学アルファのトップページには各講師のTwitterのリンクが貼られていますので、ぜひこちらもご一読下さい。

さて、次回の定期テストがせまった今、期限切れが迫る前回のテスト対策の様子ですが、かすかな記憶を頼りに北野中→衣笠中→西ノ京中の順に主だったトピックを綴ってみたいと思います。

さて、その北野中ですが、特筆すべきは新中1生の活躍でしょうか。部活動停止となるテスト1週間前、弁当持参で大挙して押し寄せてきたのが新中1軍団でした。テスト自体は5月21日、22日ですから、その1週間前と言えばずい分と前のような気がします。

その日以降、毎日全員が塾にやって来て一定時間勉強し、土曜日も日曜日も全て来るという徹底ぶりを見せたのが、この1年生だったわけです。完全に自習室の主と化しました。

15 自習のようす (31)春の「新中1説明会」にて、「自習」の悪しき例を何点か語ったのですが、熱心にメモを取っておられたお母様方が、お子様に色々と言い含めていただいている様子がうかがえました。

初日こそ、「連れ立ってくるな」ということと「友達にいちいち『行く?』などと確認せずに自分の意思で来い」という2点を注意しましたが、2日目以降はそれもきちんと守られていました。これだけ塾運営にご協力頂けると本当に助かりますし、こちらも結果を出さねばと気合いが入ります。

さて、その北中新中1年生6名のテスト結果ですが、合計491点をたたき出したKさんをトップに、2名が459点、残りの3名も400点を越えるなど、まずまずの結果を出してくれてほっとしました。

そりゃ、テスト当日の朝学も全て朝6時には塾に顔を出して8時過ぎまで勉強してから登校してましたし、塾が提供する自習の機会を全て活用したわけです。これで結果が出なければ、言い訳など出来ません。そういう意味では、こちらに良いプレッシャーを与えてくれました。

15 北野朝学 (6)15 北野朝学 (11)北野中だけでなく、全中学の結果が出ましたので、各教室に成績優秀者一覧を掲示しています。1年生は、別に掲示してある歴代の成績優秀者一覧にも、3名が掲載されることとなります。2年生は0。3年生は2名が新たに歴代チャンピオンに加わりますが、ここでも北野中の1年生の健闘ぶりが光ります。

中3生は「1年生の時から、あんなに頑張るなんて・・・」と驚いていましたし、これまでは主役の座を欲しいままにしていた北野中2も驚いていました。

元々中2は、1年生のときの土日や自習室の使用率は高かった学年ですが、今回は完全に1年生に主役の座を奪われた感があります。

ただ、1年生に刺激されたのかどうかは分りませんが、中2のIさんやTさんなどはテストが終わってからも自習室に顔を出す機会が増えました。最近ではO君もよくやって来ます。そして、感心なことにテスト前ではない日曜日とかにも部活の合間をぬって来るようになったのです。

私は所属生の全中学のテスト対策に付き合っている関係上、GW後の全日曜日、9時から21時を開けていました。テスト前の友人からは「テスト前じゃないのに何で来てんの?」と不思議そうに言われながらも、IさんやTさん、そしてO君は顔を出していました。ただ恐るべきは中1で、Kさんも普通に来ていましたが。

「日曜日は閉まっているから・・・」などとお子様言っていませんか?実は開いていることの方が多いのですよ。(むろん、全日曜日フルタイムで開いているわけではありません。ただ、10月以降は受験生の強い要望により、ほぼ毎日開くことが常となっておりますが。)

10月以降は中3を中心に当たり前となるこの風景が、年間を通じて当たり前になれば、と思っています。

さて、1年生にはじまり、1年生に終わった感のある北野中のテストリポート。この1年生の動きが他学年に良い刺激となっていっているように感じます。

「ここに来て本当に良かった」とある中1の保護者の方に言って頂けましたが、私こそ、こういう素晴らしい生徒に来て頂けて嬉しい限りです。しっかりと育てていかねば。