お盆休み2日目の塾。
一番乗りを狙い、廊下を走って教室に駆け込むいつもの2人組。昨日は、相棒はトトロの家を見に出かけていたのですが、今日は2人揃っての登場となります。

二人揃うと、かしましい(笑)

でも、ピタッと会話を止めて、勉強を始めることが出来ます。楽しい事にのみに流れないという精神の持ち主です。そんな持ち主だからこそ、こういう日にだって顔を出せる。

渡している問題集、学校の宿題など、今までの取り組みはほぼ終わったので、次なる課題を求めてきます。口を開けて餌を待っているのではなく、貪欲に求めてくる姿勢は嬉しくなりますね。

IMG_3108そういう姿勢の生徒には、惜しげも無く課題を与えます。

本日渡した教材が、1時間後にはこのようになりました。

隅々まで目を通して、理解しながら解いてくれますので、こちらも渡した甲斐があるというもの。

そして、分らないところを1つ1つ私に確認してくれます。

決して誤魔化さないし、分った気で済ませようとはしません。

クラス指導の際に、机間巡視やノート点検、確認テストなどを怠ると、授業が自己満足に終わっていたことを気づかされることがあります。その事に気づけばまだ良い方、後日生徒にその時の授業内容を質問されれば、怒り顔で、「前に教えたやん!!」と言ってしまうのが、「集団指導あるある」です。

クラスの人数が多ければ多いほど、演習時間などの個別対応を組み合わせるなど工夫を凝らして、授業を昇華させていく必要があるわけですが、時間的制約や人的制約がある場合、経験が浅い先生には難しい。

しかし、授業と個別対応の組み合わせは、学習効果においては絶大であり、その事を知ってか知らずか、勉強したい生徒は皆、質問などの個別対応を求める行動を取るし、さらに効率を高めるには、先生を最大限利用したい(独占したい)わけですから、生徒が少ない時間というチャンスを絶対に外しません。

成績が優秀な者ほど、人が来たがらない時間、人が来たがらない曜日、または塾の滞在時間を長くすることで、チャンスを得ようと努力するわけですし、長い滞在時間への忍耐力もあれば、早朝などの時間を「勉強」のために費やすという犠牲も払うことが出来ます。

逆に、成績が不審なものほど、「起きれたら行く」とか「疲れているから昼まで寝て(だって、寝たいやん)、録画してあるテレビなんかも見て、それから塾行くし、先生(質問終わったらすぐ帰りたいし)時間空けといてな」と言うケースが多かったりします。

結果、他の学年の授業時間なんかにやってきて、その上、私の授業が終わるまで待つことも出来ず、ちょっとの滞在で帰ってしまい、後日「先生は授業中だったので、質問出来ませんでした」などと平気で言ったりするのです。

私自身は、黒板を用いて、ある程度は自分の考えていた台本(ギャグのネタも含めて)にそって展開できるクラス指導が基本好きですが、生徒の横に座り、生徒の症状を確認しながら、「お、そういう状況なら、これやってみ。」とか「あ、ここだけ説明するわ。他は君だから略すね」などと言える1対1型の授業も、本当に無駄がなく効率が良く、魅力を感じています。

私担当の生徒さんではないですが、グループの他の教場に、もうこの時点で、中学数学を完全に終えたどころか、中学内容を3周目に突入しているという生徒さんがいるそうなのです。うらやましい。クラス指導では、残念ながら不可能です。

個人的には、そういう生徒さんを、3周目どころか、高校内容にもドシドシ踏み込ませ、自分の持てる全てを注ぎ込んだような、そういう徹底的に1名を鍛えるという指導もしてみたい。

ただし、私の1時間がその1名にしか使えないというのは、私自身の使い方としては効率が良いとは言えませんので、メインにする事は出来ないことに忸怩たる思いがあります。

私の1時間を何名を対象にした授業形態にするのが良いのか、もちろん、個人的な願望だけでなく、私の人件費もきちんとペイできるということも含めて考えなければ、人のお金で趣味をしていることになります。

そういう事情もありますので、私がやってみたい1つの授業形態を、こういった休みの日に実施することで、まあ一種のストレス解消に繋がっているとも言えなくもない・・・かな。

残念ながら、中学内容を3周、4周という生徒さんというわけにはいきませんが、今日集まった生徒さんたちの真面目さというか姿勢だけは、3周、4周級です。

特に「一発K太君」、休みの時の方が、良い姿勢で勉強してくれますね。

また、今日なぜ、私が「一発K太君」と呼ぶのかを説明しましたが、こういう時間が持てるのも、今日のような特殊な指導形態の賜。普段であれば、絶対にYouTubeなど見せませんから。

よって、皆「ありがとうございました!」と帰宅していきましたが、その実、お礼を言われる程の事でもないわけです。お互いにプラスになっている感じです。
 
でも、さすがの私も、明日からは3連休を頂きます。長男として帰省せねばいけませんので、しばらく、京都を離れます。 

では、17日の月曜日。元気な姿で再会しましょう。(いいかげん、学校の宿題は終わらせておくこと!)