先日ツイッターでもご報告いたしましたが、卒塾生から大学に受かった!との嬉しいお知らせがありました。

懐かしい写真がコチラ。私が入学式に行ったわけではないのですが、どういうわけだか私の写真フォルダーの中にありました。それにしても初々しい。

BlogPaint













R命館大学の法学部に進学するとのこと。嬉しいことに「成章に来れて良かったです」とひと言添えてありました。きっと充実した3年間を過ごせたのだと思います。

「ここ」に進学した生徒は、皆嬉しい事を言ってくれます。これが「現実」なのに、自身のつたない経験をベースにした想像で語られてしまう場面が散見されるのは、公平な視点で生徒の進路選択をサポートするという我々の仕事の根幹の信頼性が失われそうで嫌ですね。

まあ、それはさておき、この手の大学合格のお知らせは、何十回聞いても、いくつになっても嬉しいものです。「卒業生と飲みに行くのが楽しみだ」 とは、ドラマで「先生」役の俳優が必ず使う台詞ですが、本当に実感です。

この写真の子の世代は、私にとって以前の塾で最後に送り出した生徒です。何とか「祝賀会」だけはしてやりたいと、退職後の春分の日、「特進クラス」「普通クラス」と別々に2回の祝賀会を強行したあの日からもう3年経とうとしています。

その様子の1シーンでもここに掲載しようと思い、フォルダーから写真を探すも、何と見つからない!のです。ラストの日に塾を掃除に来てくれた3人組を収めた貴重な写真を含め、その年度の冬以降の写真が全く存在してない。

頭の中??というよりショックの方が大きい。パソコンを買い換えた時に同期にミスでもあったのか、思い返せば、一時、iPhoneで音楽の同期が上手くいかない時があったのですが、その時に何かが起こったとしか考えられません。

というわけで、当時の祝賀会などの写真をお持ちの方。AACクラス、SCクラス、それぞれ是非、送って下さい。

残念ですが、今の今まで全く気づかなかったのは、写真を見て懐かしさに浸れる暇などまるで無かった3年間だったということでしょうか。以前はもっと写真を見ていたと思います。

さてさて、転職した身、つまりは裏切り者であるにもかかわらず、以前の塾の卒塾生が、進路の報告だけでなく、遠路はるばるここまで顔を出してくれる事は正直意外で、以前では当たり前過ぎた光景が、こんなにも嬉しいものだったのかと気づかされた転職初年度。

「先生がいなくなってから、一度も塾に寄ってない。以前は塾の横通るときに電気点いてたら、先生頑張ってるなとか思ったけど、いつの間にか、電気点いてるかどうかもたしかめへんようになってた」

こんな恨み節も言われましたが、変わらず接してくれる生徒達に、本当に感謝しかありません。
IMG_073415 しんごBlogPaintIMG_1542

また、何かの度に集まって、このように思い出話に花を咲かすことも以前と何ら変わることなく続いています。

14 いしかわ (5)BlogPaint
14 9月14日 (1)15 研キャン祝賀 (3)
IMG_171715 研キャン祝賀 (7)BlogPaint

転職して良かったのかどうか。その答えを語るのは、どちらの生徒にとっても失礼な話ですし、そもそも私が同時に2カ所に存在していない限り比較出来るものでもありません。

その時、その時の自分の思いに正直に行動するしかないですし、場所が変わっても、その塾の先生でなくなっても、それでも生徒達はこうしていつもの通りでいてくれる。その事が分かったことが大きな収穫でもあり、ありがたい事でもありました。転職して学んだ一番の事かもしれません。

BlogPaint

さて、こちらは先日私を驚かせようと飛び込みで、地図で下調べをしてから当塾までやってきてくれた中学は違えども、同じ高校に進学した2人組。1人は大学に、もう1人は成績優秀にも関わらず専門学校に進学。

本人曰く、「大学にはしたい事がなかった」との事。そう、「これ」なんです。「大学に行けなくて、それで専門学校にでも行って・・・」では、私もがっかりしたと思います。

私は、学歴には拘っています。子供たちには、悩むのであれば上を目指せ、と指導しています。より良い環境の下で揉まれる事を良しとしているからです。が、それは生徒の考えが甘い、いい加減、逃げている、と感じた場合に限って話す事であり、十把一絡げよろしく、部分を見て、全体論にして欲しくはない。

成績はきちんと取っている。大学に行こうと思えば行ける。だけど、そう思えなかったから、他の道を目指した。

こういう考え方も大好きなのです。むろん、発言者に依りますが、彼女はその発言をして十分な人物だったからこそ、思わず「偉い!」と誉めておきました。屈託のない笑いは、当時のまま。

さて、何の話をしたかったのやら。現時点で、今回の主題、忘れてしまっています。卒業生の話をし出すと止まりませんので、この辺にしておきましょうか。

これからの時期、卒塾生訪問ネタは尽きないと思いますので、タイトルを,砲靴討きます。そういえばN林君ネタも,里泙泙如↓△鮟颪韻討泙擦鵝9洪靴魑泙ますね。

それにしても、こんな個人の小さなブログが累計19万アクセス間近です。始めたのが2005年の11月頃。転職して、1年以上は休眠しておりましたが、その間も毎日1〜2件のアクセスがありました。ありがたいことです。大手の塾のブログからすれば、ちゃちい数値ですが、20万アクセスを目標に頑張ります。